概要

日時
8月27日(月)13:30~16:30 
定員
70名
参加費
無料
会場
CTカンファレンスルーム
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー32F(最上階)
渋谷駅JR東口徒歩7分 / 渋谷駅15出口 徒歩7分
内容
Amazon GOが話題になるなど、先進企業において実店舗での購買行動への関心が高まっています。店頭は新商品との出会いの場であり、オンラインと異なり五感を刺激することが可能な場です。そして、カスタマージャーニーの観点では比較や迷いが発生し、購買決定の瞬間でもあります。どれだけ素晴らしい商品であっても訴求しきれないと最終的には消費者の手に商品が残りません。
実際の購買現場では何が起こっているのか、また記憶も薄れやすい購買シーンをどう捉えれば良いのでしょうか?
2018年の現在、店頭・購買現場においても画像解析AIなどテクノロジー活用が進み、新たなアプローチが開発されています。ショッパーインサイトを捉えなおす機会として本セミナーを企画致しました。

プログラム

基調講演 ショッパーインサイト研究の最前線
講師:早稲田大学商学学術院 教授 守口 剛
講演 ①【購買行動をAIで解析する「go insight」の開発と活用】
講師:コニカミノルタ株式会社 マーケティングサービス事業部
事業開発部 アシスタントマネジャー 清水隆史
②【購買時の顧客心理をマーケティングリサーチで探る】
講師:株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 
企画部ディレクター 牛堂 雅文
パネルディスカッション  

―このセミナーにご参加頂きたい方―

購買現場に関心を持たれる企業のマーケティング、商品企画、戦略立案、市場情報室等のご担当者様
※恐縮ですが、同業他社(マーケティングリサーチ企業)の方のご参加はお断りさせて頂いております。

講師略歴 (敬称略)

早稲田大学商学学術院 教授 守口 剛

早稲田大学商学学術院 教授 守口 剛(もりぐち たけし)

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、東京工業大学理工学研究科経営工学専攻博士課程修了、博士(工学)。
(財)流通経済研究所、立教大学を経て、2005年から現職。日本マーケティング・サイエンス学会理事、日本マーケティング学会理事、日本商業学会理事、日本プロモーショナル・マーケティング学会会長。『プロモーション効果分析』朝倉書店、『マーケティング・サイエンス入門』有斐閣(共著)、『消費者行動論~消費者心理からニューロマーケティングまで』八千代出版(共編著)、『買い物客はそのキーワードで手を伸ばす』ダイヤモンド社(共著)、など多数の著書、論文がある。

コニカミノルタ株式会社 マーケティングサービス事業部 アシスタントマネジャー 清水 隆史

コニカミノルタ株式会社 マーケティングサービス事業部
アシスタントマネジャー 清水 隆史(しみず たかし)

大学時代は宇宙物理学を専攻、ITエンジニアとして社会人キャリアをスタートし、宇宙開発関連事業のソフトウェア設計・開発や事業企画・戦略立案などを担当。転職先のコニカミノルタでマーケティングサービスと出会い、IoTやAIを活用した新たな顧客行動解析サービス「go insight」を構築するプロジェクトに参画。システムアーキテクチャの設計を担うと共に、go insightのエバンジェリストとしてセミナーや展示会などで広く活躍している。
>コニカミノルタ株式会社 マーケティングサービス

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 企画部ディレクター 牛堂 雅文

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー
企画部ディレクター 牛堂 雅文

20年以上一貫して消費者理解を行うマーケティング・リサーチに従事し、日用雑貨、自動車、CS調査、海外での観察調査など多数のプロジェクトを経験。各種ツールを活用したリサーチを得意とし、開発や導入を行う。アカデミック、各種テクノロジー、ベンチャーなど外部との接点が多い。2014-2016年に日本マーケティング・リサーチ協会カンファレンス委員会委員長として業界活性化に取り組んだ。リサーチャーネットワークである「JMRX」共同主催者。

お申込み

下記のフォームより必要事項をご記入の上、送信して下さい。

お申し込みはこちら

※ 募集多数の場合は、失礼ながら抽選を実施させて頂くことがございます。
※ 直前にお申し込みの方は、弊社まで直接ご連絡下さい。

【幹事】株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー
東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル 6階
TEL:03-3496-0131 FAX:03-3464-7996 メールアドレス:seminar@jma-net.com
担当:企画部 宮沢/江成