実績と最新のマーケティング・リサーチ
JMAリサーチ道場

年別アーカイブ: 2013年

第24回「ロミオとジュリエットの社会学―「心理学化する社会」、その後」

企画部 アシスタント・ディレクター 小林祐児 「社会の心理学化」ということが言われはじめてから、長い時間がたった。 精神科医、斎藤環による『心理学化する社会』が上梓されてから10年。この著作の中で氏は、社会のあらゆる場面 …

第17回「有意差検定」

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 企画部 ディレクター 牛堂雅文 ●有意差検定の再考 今回は定量調査の本丸ともいえる、「有意差検定」にスポットライトを当てたいと思います。 肌感覚となりますが、プロダクト調 …

第31回「大阪出張記」

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 定性調査部 ディレクター インタビュアー 吉田 聖美 9月は出張が多い月だった。大阪に3回、福岡に1回、ほぼ毎週ペースで出張に行っていたことになる。 今回の大阪出張では、 …

第35回“新規保存“と“上書き保存”

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 企画部 シニアディレクター インタビュアー 梅津 順江(ウメヅ ユキエ) 「男性の恋愛は"名前をつけて新規保存"、女性の恋愛は"上書き保存& …

第23回「シニアの「スマート消費」が進行(JMA自主調査「シニアライフ・センサス2013」より)」

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 代表取締役社長 澁野 一彦 ◆分散化するシニアの退職時期~消費行動の多様化を促進 高齢者の退職時期が徐々に遅くなり、分散化してきている。 一般企業では、60才で一旦定年退 …

第23回「質的調査の「名人芸」を越えて-グラウンデッド・セオリー・アプローチの試み」

企画部 アシスタント・ディレクター 小林祐児 各種のインタビュー調査、フィールドワーク、参与観察、文献調査などなど…広義の「質的調査」と言われる多様な手法において、多くの調査者が抱いてきた共通の課題がある。それは、「質的 …

第16回「ウェイトバック集計のエトセトラ」

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 企画部 ディレクター 牛堂雅文 ●1936年米大統領選、ギャラップ氏の予測が的中 ウェイトバック集計そのものではないかもしれませんが、標本の構成比の重要さを物語る有名なエ …

第30回「恐怖訴求の是非」

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 定性調査部 ディレクター インタビュアー 吉田 聖美 週刊東洋経済2013年8月31日号の表紙には「職場の戦力か?お荷物か?ワーキングマザー」という言葉が躍っていた。ワー …

第34回 "聴く(listening)"と"訊く(asking)"と"聞く(hearing)"

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 企画部 シニアディレクター インタビュアー 梅津 順江(ウメヅ ユキエ) 近年、新しいリサーチの概念として「傾聴(listening)」が提唱されている。 ユーザーの生活 …

第22回「生涯現役? エイジフリー社会を生きる」

株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー 代表取締役社長 澁野 一彦 ◆働くシニア~高齢になっても現役続行・・・。 快挙である! 先日、冒険家三浦雄一郎さんが80歳でエベレストに登頂し、高齢者の身体能力の高さを世 …

« 1 2 3 6 »

サイト内検索

JMA - 株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシーの情報発信の場として、マーケティング・リサーチに関する色々なトピックを取り上げていきます。

バックナンバー

アーカイブ

banner_register

 

PAGETOP
Copyright © Japan Marketing Agency Co.,Ltd. All Rights Reserved.